更年期障害

更年期障害の症状

更年期になりやすい病気「糖尿病」について説明します。
こう糖尿病とは、膵臓でつくられるインスリンの働きが弱くなったり、不足したりして、
血液中のブドウ糖をエネルギーとして活用できなくなり、血糖値が高いままの状態が続く病気です。

原因としては、遺伝・肥満・運動不足・ストレス・食生活の乱れなどが考えられます。

更年期前後になると、更年期障害を起こす女性ホルモン分泌の変化や環境変化があらわれ、
遺伝的な原因以外による糖尿病を発症するようになります。
糖尿病は完治することはなく、一度糖尿病になったら一生付き合っていかなくてはなりません。

予防のためには普段の生活におけるセルフコントロールが非常に重要です。
食事は甘いものや脂肪の取り過ぎに注意し、バランスの良く、規則正しく摂りましょう。
またウォーキングなどの軽めの有酸素運動を行うこともよい方法です。
糖尿病には壊疽(えそ)・失明といった恐ろしい合併症があります。
必ず年に1回、定期検査を受けるようにし、糖尿病にならないよう気をつけましょう。


最新更年期障害情報へ

更年期障害の治療法・改善法

更年期障害は40代後半から50代前半の女性のほとんどに何らかの影響を与えます。
10代から20代にかけて増えてきた女性ホルモンは30代を境に徐々に減っていきます。
このため更年期障害ほどではありませんが、少しずつ身体に変化が起こってくると考えられます。

30代になったら次のようなことに心当たりがないか、チェックしてみましょう。
「肌が乾燥しやすく、爪が割れやすくなってきた」
「涙もろくなったり、逆にイライラしたり怒りっぽくなってきた」
「肩こりや頭痛がある」
「上半身の汗をかきやすい」
「月経の量が減ってきた」


このようなことに当てはまる人は、生活を見直すことで衰えが始まっている卵巣の機能を維持することが必要です。
ストレッチやツボ療法、半身浴、バランスのとれた食事、
また出来るだけリラックス出来るように上手に気分転換もはかっていきましょう。

更年期障害に関係する女性ホルモンの量は、女性外来や婦人科の血液検査で知ることが出来ます。
心配な人は血液検査をして、医師から適切な対策法をアドバイスしてもらいましょう。

最新更年期障害情報へ

更年期障害の治療法・改善法

男性の更年期障害にはいろいろな症状がありますが、中には余り人に相談したくない症状もあると思います。
病院など行かないで一人でこっそり症状を改善したい男性の更年期障害の治療法方には、
通販などで買える更年期障害の治療薬の使用があります。

その中の一つに大東製薬工業株式会社から発売されている「トノス」があります。
トノス」は、男性ホルモンと局所麻痺剤を配合した、男性用の塗り薬で、早漏、
男子更年期障害(勃起力減退、精力減退、遺精、夢精、早漏、性器不全)、男性性器神経衰弱症に効果があるようです。

トノスは医薬品ですから更年期障害の治療方法として使用する際には注意が必要です、
特に55歳以上の人が使用する際は、あらかじめ泌尿器科を受診して、
自覚症状の有無にかかわらず前立腺に異常が無いことを確認することが必要のようです。

最新更年期障害情報へ

更年期障害の治療法・改善法

女性の中には更年期障害によって性生活にも支障をきたしている人もおられると思います。

そんな人のために、インターネットなどの通信販売で購入できる更年期障害の治療薬「ヒメロス」の紹介をします。

女性の更年期障害は女性ホルモンの減少によって起こりますが、
ヒメロス」は女性ホルモンを皮膚に塗布して補給する更年期障害の治療薬です。
ヒメロス」の有効成分は卵胞ホルモン(女性ホルモンの一種で、エストロゲンともいいます)であるエチニルエストラジオールとエストラジオールです。
更年期障害によって、ほてりや発汗が生じたり、神経質になってイライラする、
あるいは冷感症や不感症になるなど、さまざまな不定愁訴が生じます。
また、閉経後は卵胞ホルモンがほとんど分泌されないため、性器の萎縮が生じて、痛みを感じるようになり、性生活が困難になります。

このような場合の「ヒメロス」を塗布すると、不足した卵胞ホルモンが補充されて、症状の改善に効果があるようです。
肝臓にあまり負担をかけず、少量で卵胞ホルモンを皮膚から補充できることが更年期障害の治療薬「ヒメロス」の特徴のようです。

最新更年期障害情報へ

更年期障害の治療法・改善法

更年期障害の治療薬として市販されている「命の母A」について紹介します。

小林製薬から発売されている女性保健薬「命の母A」は、13種の和漢生薬と各種ビタミンを配合した更年期障害の治療薬です。

血行を促し体を温めることで、女性のホルモンと自律神経のアンバランスから起こる、
さまざまな身体の不調を改善することを目的として作られているようです。
この「命の母A」は、元々は笹岡薬品というところで、販売されていたものなのだそうです。小林製薬では、
更年期障害のつらい症状に対処する薬を作ることはできないかと検討していたところ、
笹岡薬品の「命の母A」という薬の有効性に着目したのですが、あまり積極的に販売されていなかったため、
小林製薬から「命の母A」を発売することになったのだそうです。

「病院へ行くほどではないんだけど…」という更年期障害で悩んでいる女性は、
市販の更年期障害の薬を治療方法として試してみるのも一つの方法ですね。

最新更年期障害情報へ

更年期障害の検査方法

更年期障害の治療方法として有効な「ツボ」について紹介をします。
「三陰交(さんいんこう)」はホルモンの分泌を促し、バランスを整えるツボで、
生理不順・生理痛・更年期障害など婦人科系にも有効なツボです。
陰交は足の内側のくるぶしの指3、4本分くらい上にある骨の後ろ側のくぼみです。
親指をツボにあて、足首上を掴むように深いところまでギューッと押し込んでいき、3〜5秒ほど押します。
「血海(けっかい)」は女性特有の病気を言い表す「血の道」に効果があるツボです。
最初の三陰交と併せるとより効果的です。
太ももの内側にあり、ひざの骨内側の上角から指を3本分、上に上がったあたりのところを探ると、
押して痛い所がありますから、そこをギュッと強く押します。
「行間(ぎょうかん)と太衝(たいしょう)」は、更年期障害に伴う症状で、
頭痛、めまい、イライラ、不安の改善に効果があります。
どちらも足の甲にあり、親指の骨と人指し指の骨の合流点を太衝、これと指の付け根の中間を行間といいます。
行間は不眠、生理不順にも効果があるそうです。
親指と人差し指の付け根の上辺りを、もう片方の足のかかとで押すようにしても効果的です。

最新更年期障害情報へ

更年期障害の治療法・改善法

更年期障害の症状がつらい人におすすめしたのが「温泉療法」です。

温泉療法は更年期障害の症状の中でも、特に肩こりや腰痛、冷えや不眠などを改善するのに効果的だと思います。
良いのではないでしょうか。

昔から「湯治」といわれるほど、温泉療法は病を改善する方法として利用されてきました。
温泉療法にはリラックス効果や温熱効果はもちろん、泉質によって様々な健康増進作用があります。
温泉の効能は、温泉水に含まれるカルシウムイオンなどの化学成分の作用によるものと、
温水や水圧・浮力といった物理的作用によるものに分けられるのですが、その両方が総合的に身体を刺激することで、
人間がもともともっていた自然治癒力を高めてくれるのだそうです。

また温泉に入ると、日常のわずらわしさから開放されてリラックスした気分になり、身体だけでなく心まで癒されるので、
更年期障害のストレス症状の改善にも効果的です。

更年期障害によって気分が滅入ってきたときは、温泉旅行を計画してみるのもとてもよい気分転換になると思います。


最新更年期障害情報へ

更年期障害とサプリメント

更年期の女性におすすめしたいサプリメントに「レッドクローバーエキス」があります。

レッドクローバーというのは和名をムラサキツメクサといい、春になるとよく見るクローバーの花がピンク色のもののことです。
レッドクローバーの花には、体内の女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするイソフラボンや、
アントシアニンなどの植物栄養素が含まれています。

またレッドクローバーのイソフラボンには骨からカルシウムが過剰に流出するのを防ぐはたらきがあり、
更年期障害による骨粗鬆症の予防にも効果が期待出来るようです。

レッドクーローバーは昔から自然療法の中で使われてきたハーブで、
現在は天然のガン予防薬に使われるハーブとしてとしても有名です。
更年期障害の予防・改善に、女性らしい美容と健康のために、レッドクローバーエキスのサプリメントをおすすめします。
レッドクローバーはサプリメント以外にハーブティーとしても利用することが出来ますよ。

最新更年期障害情報へ

更年期障害とサプリメント

プエラリア(ガウクルア)」はタイ原産のマメ科植物で、現地少数民族の間では回春強壮薬として用いられているそうです。
このうち回春強壮作用があるとされるのは白ガウクルアで、その中のミロエステロールという特異なイソフラボノイド系物質に、
強い女性ホルモン作用があるのだそうです。
その強さはエストラジオールに匹敵するほどなのだそうですが、即効性がなく、
また服用を中止してもすぐにその効果がなくならないという厄介な特性があるために医薬品としての応用は敬遠されていたそうです。
またこの強力なエストロゲン作用物質が含まれるため「プエラリア」には豊胸効果があることが臨床実験で証明されているそうです。
このためバスとアップのためにサプリメントなどにも取り入れられているようです。
女性ホルモンの減少によって更年期障害の症状を感じている人にも、
このようなサプリメントは症状の改善と女性らしいラインを出すのに効果が期待出来るようです。
しかし研究者によってはミロエステロールは、生体に取って異質な物質であるので、
プエラリア」を服用することは環境ホルモンに曝されることに等しいと危惧している人もあるようです。

最新更年期障害情報へ

更年期とは

更年期障害症状を重くしてしまう3つの要因について説明します。
まず身体的な要因としてエストロゲンの減少が大きく関っています。
エストロゲンの減少がが急激な人もいれば、なだらかに下がる人もいるという点です。
これ以外に、体の各組織の機能低下やホルモンの変調に対する適応能力の差、
以前から自律神経が失調ぎみかどうかも影響してくるようです。
心理的な因としては、生真面目で完璧主義の人やストレスに弱い人ほど症状が重くなりやすいということが分かっています。
物事をマイナスイメージでとらえるため、更年期障害をくよくよ悩んで症状を悪化させるケースもあります。
環境的な要因としては、更年期という時期が丁度環境の変化が起こりやすい時期であるという点です。
夫の定年や子供の問題、嫁姑問題や親の介護問題、さらに、職場や親類、
近所の人たちとの人間関係などの環境的要因がストレスとなって症状を重くすることもよくあるようです。

最新更年期障害情報へ
コメントありがとう
SEO
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策