更年期障害

更年期障害.com:更年期障害を乗り越えようトップ
>更年期障害と鬱(うつ)
スポンサードリンク

更年期障害と鬱(うつ)カテゴリの記事一覧

  • 更年期障害による鬱症状の改善法
  • 更年期障害の治療方法「心理療法」
  • 更年期障害の症状「胃腸系の症状」
  • 更年期障害の精神的な症状「鬱」

更年期障害と鬱(うつ)

更年期障害の症状の大きな特徴として、身体の変調だけでなく、ストレスによる落ち込みや、
症状といった精神的な症状の表れがあります。

ホルモンバランスの崩れは、体調面だけでなく、
精神面にも障害を起こすので日常生活の中で意識して心のケアをしていくことが大切です。

更年期障害による症状の改善のためには、自分の趣味の時間をつくることが理想的な改善方法です。
海や山などの、空気がキレイな自然の場所に行ったり、近くを散歩するだけでも、ちょっとした気分転換になりますが、
自分が楽しんで取り組める趣味を見つけられれば、とてもよい気分転換が出来ると思います。

ストレス解消法には、ショッピングやエステ、音楽や映画鑑賞などいろいろありますが、なんでも良いので、
自分がリラックスできる時間を作っていきましょう。

家に一人で閉じこもっていると、くよくよと悩んでしまいがちなので、人と会って話をするだけでも気分が変わってくると思います。

更年期障害による症状の改善法は、このように気持ちの持ち方を変えていき、自分の気持ちを楽にしてあげることです。

最新更年期障害情報へ
更年期障害の治療方法の一つ「心理療法」について説明します。

更年期障害の症状には、身体的な症状以外に、
イライラ、不安感、鬱状態など、心理面に現れる症状も多くみられます。

このような心理面に現れる更年期障害の症状に対して行われる治療方法が「心理療法」です。

この心理療法は、心理的な側面から更年期障害の症状を改善していく治療方法で、
具体的には物事の考え方を変えていくようなアドバイスをしたり、
日常生活に何か張りあいをつくっていけるようにアドバイスをしていきます。

心理療法による医師とのカウンセリングは、会話をしていくことで心の負担を軽くして
更年期障害の症状を改善していくことにもつながります。

このような治療方法が更年期障害の場合の心理療法になります。

最新更年期障害情報へ


あまり知られていませんが、更年期障害の症状のなかには、
胃腸の機能が低下するために起きる、いろいろな胃腸系の症状もあります。

その一つに食欲不振があります。

今まで楽しみだった食事に対して、食べたいという気持ちが起きなくなってくるのです。

これは食べることに関する意欲が低下する、更年期障害による胃腸系の症状です。

胃腸機能が低下してくると、少し食べただけでも下痢になることがあり、
ますます食欲低下につながってしまいます。

また食欲が低下してくると、腹部が膨張している感覚になってしまい、
空腹感を感じず、さらに食事の量が減るために、
今度は便秘になってしまいます。

身体のためには食事を採ることは大切なことですが、
このように食欲がわかないときは目先を変えた料理にチャレンジしてみるとか、
普段なかなか行かないような素敵なレストランに出かけてみるのも一つの方法だと思います。



最新更年期障害情報へ

更年期障害の精神的な症状「鬱」

更年期障害による精神的な症状にはイライラするといったこと以外に、
気分が憂鬱になるという「鬱」の症状もあります。

一人でいるときだけでなく、
人と話をしているときや仕事をしているとき、
といったいろんな場面でなんだかふっと憂鬱な気分になってしまうことがあるのです。

この更年期障害の「鬱」の症状が進むと、
あらゆることにやる気をなくしたり、
何か取り組んでいることに対しても、
最後までやり抜くという気力をなくしてしまうようになってきます。

人間の記憶には、やる気のない精神状態で取り組んだ事といのは、
あまりはっきりと残らないようです。

このようなことから、自分ではしっかり記憶したと思っていたことも忘れてしまっていたり、
なかなか思い出せないという現象も、
記憶力を低下させてしまう更年期障害による精神的な症状の現れであるといえます。



最新更年期障害情報へ
コメントありがとう
SEO
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策