更年期障害

更年期障害.com:更年期障害を乗り越えようトップ
>更年期障害の外来受診
スポンサードリンク

更年期障害の外来受診カテゴリの記事一覧

  • 若年性更年期障害の外来受診
  • 男性の更年期障害の外来受診
  • 更年期障害の外来受診の際の問診

更年期障害の外来受診

若い女性の間で最近増加傾向にある若年性更年期障害ですが、
若い女性の場合は特に婦人科の外来受診には抵抗があることが問題となります。

生理不順などの身体の異常を感じて自分が若年性更年期障害ではないかと疑いを持ったとしても、
婦人科へ行くことにためらいを感じてしまうのです。

そのような人は「レディースドック」を利用されてみてはいかがでしょうか?
レディースドックというのは各婦人科で行われている、人間ドックの女性専用タイプのような検診で、
検査にかかる時間も20分〜30分程度だそうです。

若年性更年期障害の場合も通常の更年期障害の場合と同様に、症状への対策や治療は、
早期の外来受診による発見と対応が大切だと思われます。

体調の変化を一人で悩んでいると余計に症状は悪化してしまいます。
勇気を出して検診を受け、若年性更年期障害を克服していきましょう。

最新更年期障害情報へ
「もしかしたら自分は男性更年期障害ではないか?」
と思ったとして、果たして何科へ外来受診に行ったらよいのでしょうか?

女性の更年期障害の場合は、とりあえず婦人科へ行ってみようということになるのでしょうが、
男性の場合そのとりあえずと対処できる手段がよく分かりませんね。

最近では男性更年期障害専門の外来を設けている病院もあるようですが、
日本では男性更年期障害は近年になってやっと認知され始めたばかりなので、
そのような男性更年期障害の専門外来というのは、
まだまだ少ないのが現状のようです。

男性更年期障害になった場合、勃起異常がある場合は泌尿器科
、内科的異常がある場合は内科、
情緒不安定がある場合は神経科といった具合に、
自分の身体に起きている症状によって、
何科で外来受診をするかを決めるしかないようです。


最新更年期障害情報へ

更年期障害の外来受診の際の問診

更年期障害で外来受診を受ける際、
現在の医療においては更年期障害であることを明確に判断する基準がないため、
問診や検査を行って診断をしているようです。

そこで、更年期障害の外来受診の際にはまず問診によって、

□ のぼせやめまいがある、イライラするといった現在の症状、

□ 症状が発生した時期と程度、

□ 月経の周期や最終月経の時期、

□ これまでにかかった病気や家族・親族の病歴

などの項目について質問されこれを参考に病状を診断していきます。

現在起こっている症状が、更年期障害によるものなのか、
他に原因があるのかを医師に正確に判断してもらうためにも、
更年期障害が疑われる症状が現れたときには、
症状に関するメモをとっておくなど準備をしておくことが、
更年期障害の外来受診の時には必要です。



最新更年期障害情報へ
コメントありがとう
SEO
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策