更年期障害

更年期障害.com:更年期障害を乗り越えようトップ
>更年期障害の症状
スポンサードリンク

更年期障害の症状カテゴリの記事一覧

  • 更年期になりやすい病気「糖尿病」
  • 男性の更年期障害の症状「前立腺肥大」
  • 更年期障害と間違えやすい病気「シェーグレン症候群」とは
  • 更年期障害の症状「性器脱」
  • 更年期障害の症状「口臭」
  • 更年期障害の症状「めまい」
  • 更年期障害になる前におこる症状:月経前症候群
  • 更年期障害とメタボリックシンドロームとの関係
  • 更年期障害の症状と似ている病気「メニエル病」
  • 男性の更年期障害の食事療法「自然薯」

更年期障害の症状

更年期になりやすい病気「糖尿病」について説明します。
こう糖尿病とは、膵臓でつくられるインスリンの働きが弱くなったり、不足したりして、
血液中のブドウ糖をエネルギーとして活用できなくなり、血糖値が高いままの状態が続く病気です。

原因としては、遺伝・肥満・運動不足・ストレス・食生活の乱れなどが考えられます。

更年期前後になると、更年期障害を起こす女性ホルモン分泌の変化や環境変化があらわれ、
遺伝的な原因以外による糖尿病を発症するようになります。
糖尿病は完治することはなく、一度糖尿病になったら一生付き合っていかなくてはなりません。

予防のためには普段の生活におけるセルフコントロールが非常に重要です。
食事は甘いものや脂肪の取り過ぎに注意し、バランスの良く、規則正しく摂りましょう。
またウォーキングなどの軽めの有酸素運動を行うこともよい方法です。
糖尿病には壊疽(えそ)・失明といった恐ろしい合併症があります。
必ず年に1回、定期検査を受けるようにし、糖尿病にならないよう気をつけましょう。


最新更年期障害情報へ
更年期障害というのはいまや男女関係なく症状が現れることが知られています。
その症状の中でも男性特有の症状「前立腺肥大」について説明します。

前立腺というのは、精液を調整して精液の生存環境を守る働きがある前立液を分泌する器官です。
前立腺は全ての男性にあり、子供をつくる上で必要な器官ですが、年をとった人には、特に必要なものではなくなります。

しかしこの前立腺が肥大すると、排尿が難しくなり、排尿後も膀胱の中に尿が残ったりします。
症状が進むと、膀胱炎や結石、さらに腎臓が衰弱し尿毒症を併発する場合もありますので治療が必要になります。

また前立腺肥大により尿道が詰まった場合、治療せずにいると排尿ができなくなり、
手術を受けなければならなくなることもありますし、最悪の場合は前立腺ガンになってしまうときもあるそうです。

前立腺肥大は原因ははっきりとしてはいませんが、更年期になってホルモンのバランスの崩れが少なからず影響しているようです。
おしっこの出が悪いのは、男性更年期障害の症状ですが、前立腺肥大になっている場合も考えられますので、
40歳を過ぎた男性は日頃から定期健診などをきちんと受け、早期発見につとめましょう。

最新更年期障害情報へ
更年期障害の症状にはさまざまな症状があるため、その他の病気を見落としがちです。
更年期障害と症状が似ているために間違えやすい病気「シェーグレン症候群」について説明します。
シェーグレン症候群とは、白血球とそれが放出するサイトカインという物質が、
病気のさまざまの局面で影響していることがわかっていますが、まだその原因についてははっきりとはわかっていません。
生命に関る病気ではありませんが、目が乾く、涙が出にくい、口が乾燥するといった乾燥症状のほかに、
疲れやすい、気分が憂鬱になる、関節が痛い、
熱が出るなどの全身のさまざまな症状が更年期障害によって起きる症状と似ているために間違われやすいようです。
シェーグレン症候群の場合、 現在のところ根本的な治療法はなく、専門家の間でも治療法についての見解は異なるようです。

最新更年期障害情報へ

女性の場合の更年期障害の症状には、「性器脱」というものがあります。

性器脱というのは、更年期に女性ホルモンの分泌が低下し、それが原因で生殖器の粘膜が萎縮するため起こる症状で、

女性の性器から、膣粘膜や子宮が脱出してくるものを総称して性器脱と呼んでいます。

この性器脱は、膣粘膜を押し出す臓器により「膀胱瘤」「子宮脱」「小腸瘤」「直腸瘤」などの種類があります。

更年期障害を原因とする性器脱だけに限らず、性器脱という症状は、

欧米などでは全女性の約3割に起きているという報告があるそうですが、それに比べ日本ではあまり聞かないようです。

これは決して日本女性に性器脱が少ないわけというわけではなく、

病院などの医療機関を受診せずに一人で悩んでいる女性が多いためだと考えられます。

もし、自分にそのような症状があれば、一人で悩まずにすぐに婦人科で受診されることをおすすめします。


最新更年期障害情報へ

更年期障害による意外な症状に「口臭」があります。

更年期に入るまでは気にならなかった口の臭いが、更年期にはいった途端、急に気になりだしたりするのです。

しかしこの臭いは、自分で改善策をとれば、ある程度は予防できるそうです。

基本的なことの一つとしては胃腸を整えることです。

胃腸の調子が悪ければ更年期でなくとも息が臭くなります。

胃腸を整えるためには、温かい飲み物を飲んだり、ヨーグルトなど乳酸菌の多いものを積極的に摂るなどして、

いつも胃腸がベストの状態にあるようにすることです。

また更年期の時期には歯周病という怖い病気もありますので、できれば定期的に歯科に行ってチェックしてもらったり、

歯のお掃除をしてもらうと良いと思います。

手軽に更年期障害の症状である口臭を予防する方法は、キシリトール入りのガムを噛むことです。

このように、更年期障害の症状である口臭も予防することができますから、あまり悩まずに前向きに考えていきましょう。


最新更年期障害情報へ

更年期障害の女性がよく悩まされる症状には「めまい」があります。

めまい」の症状が現れると、揺れの激しい船にのっているようにふらふらするような感覚があるそうです。

更年期障害が原因で「めまい」の症状が出た場合は、安静にして横になっていれば回復しますので、慌てずに落着いて対処しましょう。

安静にする時は、まわりを少し薄暗くした方がより落着くようです。

ただし、「めまい」は必ずしも更年期障害が原因とは限りません。

めまい」の症状があまりにもひどい場合は、耳の病気や脳梗塞なども疑われますので、

しかるべき医療機関を受診されることをおすすめします。

また、めまいに吐き気を伴うような場合は、「メニエル病」である場合も考えられます。

いずれの場合も判断が付きにくいと思われますので、正しい治療を受けるためにも医療機関での受診をされるが必要です。


最新更年期障害情報へ

女性の更年期障害の場合、身体から送られてくる様々なサインから、

更年期にはいることを知ることが出来るのだそうです。

女性の中には、月経が始まる1週間から10日位前になると、

気分が落ち込んだり、

イライラしたりといった経験のある人もおられると思います。

このような症状は月経前症候群(PMS)といわれ、

この月経前症候群の症状が弱まってくると更年期にはいるといわれています。

最近の研究では、月経前症候群の症状が強かった人は、

更年期障害となる可能性が高く、

また更年期障害の症状も強く現れるということが分かってきています。

まだ閉経を迎えていない女性で、

現在この月経前症候群の症状が強い女性は、

先々更年期障害の症状に悩まされる可能性が高いと思われますので、

今のうちから更年期障害に対する知識を身につけておくことが必要です。


最新更年期障害情報へ

女性は男性に比べ、内臓脂肪が溜まりにくく、

メタボリックシンドロームになる危険性が低いといわれています。

それは女性ホルモンが活性化酸素から体を守る抵酸化作用を持ち、

内臓脂肪の蓄積を防ぐ役割を担っているからです。

しかし、例え女性が男性よりも、メタボリックシンドロームになる危険性が低いといわれても、閉経を迎え、

更年期障害の症状が出るようになるとこれは当てはまらなくなります。

それは、女性が更年期を迎え閉経すると、

内臓脂肪の蓄積を防ぐ役割を担っていた女性ホルモンが急激に減少するため、

内臓脂肪の蓄積を抑えるものがなくなってしまい、

内臓脂肪が蓄積されやすくなってくるからです。

女性は更年期障害の症状によって、

今までよりも内臓脂肪が蓄積されやすくなると、

メタボリックシンドロームの危険性が上がっていくと考えられます。


最新更年期障害情報へ

更年期障害の症状と似ているために気付かれにくい病気について紹介しますので、病気を判断する時の参考にして下さい。

「めまい」という症状は更年期障害の症状として現れることもありますが、

メニエル病が考えられる場合もあります。

メニエル病になった場合、めまいの症状とともに、

耳の聞こえが悪い感じになったり

耳鳴りや耳に空気が詰まったような感覚が症状として現れます。

またメニエル病がもつ症状の特徴は、めまいだけでなく吐き気や嘔吐を伴うことです。

メニエル病は30代〜50代の人に多くみられ、更年期障害の症状がでてくる年代とも重なるため、

更年期障害の症状と間違われ安くなっているようです。

めまいの症状に吐き気などの症状がある人はメニエル病を一度疑ったほうがよいかもしれません。


最新更年期障害情報へ

ネバネバした食品は健康に良いとよくいわれます。

その中で更年期障害の症状を改善する食事療法として話題となっているのが自然薯(じねんじょ)です。

自然薯は字の通り自然に自生した芋で、

山芋よりも強力な粘りがあるのが特徴です。

自然薯には生殖能力強化酵素であるアルギニンなどが豊富に含まれており、

更年期障害の改善のほかに心臓病の予防にも効果が期待できるといわれています。

近年の研究では、この自然薯に含まれているディオスゲニンという物質が、

男性ホルモンを作り出すDHEAを増やす役割をもっていることも明らかになっているようです。

自然薯を使った料理に「マグロの山かけ」があります。

ぶつ切りのマグロにすりおろした自然薯、生卵をのせて、千切りの大葉を添えます。

この組み合わせは健康効果を高めるのにも効果的です。

男性の更年期障害の改善のために、毎日の食事療法にこの自然薯を取り入れてみましょう。


最新更年期障害情報へ
コメントありがとう
SEO
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策