更年期障害

更年期障害.com:更年期障害を乗り越えようトップ
>更年期障害の食物療法
スポンサードリンク

更年期障害の食物療法カテゴリの記事一覧

  • 更年期障害による骨粗鬆症の人の食事療法
  • 更年期障害の食事療法「黒豆ザクロ茶」
  • 更年期障害の食事療法「減塩」
  • 更年期障害の食事療法「魚」
  • 更年期障害の食事療法「しじみ」
  • 更年期障害の食事療法「オリーブオイル」
  • 更年期に摂りたいサプリメント「メディカルハーブ」
  • 更年期に摂りたいサプリメント「ビタミンE」
  • 更年期に摂りたいサプリメント「テアニン」
  • 更年期障害の食物療法「大豆イソフラボン」

更年期障害の食物療法

更年期障害の症状の一つである「骨粗鬆症」を予防するための食事療法について紹介します。

骨粗鬆症を予防する食事療法にはまずカルシウムを多く含む食品を採ることはもちろんですが、
それ以外にもたん白質やビタミンEなどを多く含む食品を積極的に取り入れることが大切です。

カルシウムを多く含む食品には乳製品や干しエビといったものがありますが、おすすめなのはスキムミルクです。

スキムミルクは脱脂粉乳ともいわれ、カルシウムをとても多く含みますが脂肪分が少ないので、
脂肪をあまり摂りたくない更年期にはうってつけです。
そのまま飲むのはもちろんみそ汁に入れたり、毎日の料理に加える工夫をしていくのが良いと思います。
また、カルシウムの吸収をよくするビタミンDを多く含む食品(レバー、牛乳、シイタケ、カツオ、イワシなど)を合わせて摂るように心がけ、逆にリンを多く含む食品(スナック菓子やインスタント食品、冷凍食品などの加工食品)は、
カルシウムの吸収を低下させるのであまり摂らないようにしましょう。

このようなことを更年期障害の食事療法を考える上で参考にして下さい。

最新更年期障害情報へ
更年期障害を予防・改善する食事療法に取り入れたい「黒豆ザクロ茶」の作り方を紹介します。
まず、軽く水洗いした黒豆を、皮が裂けて香ばしい匂いがしてくるまで炒ります。(中火で5〜10分程度)
火からおろしてミルサーやすりこ木などで細かくつぶしたら、急須に適量を入れ、
お湯を注いで約10秒蒸らしてから湯のみに注ぎ、最後に市販のザクロエキスを大さじ1杯加えて出来上がりです。
少し手間がかかりますが、ザクロは美容にも良い上、最近女性ホルモンと似た成分が含まれていることも話題となっています。
そして黒豆には更年期障害の治療にも用いられる大豆イソフラボンが含まれていますし、サボニンといった有効成分もあります。
毎日の食事療法にぜひこの「黒豆ザクロ茶」を取り入れて、女性の更年期障害の予防・改善に役立てて下さい。

最新更年期障害情報へ

更年期障害の起きる更年期には、更年期障害の症状が現れるだけでなく、

血液中に溜まるコレステロールの量が増えていくため、動脈硬化が起こりやすくなります。

動脈硬化は高血圧や脳卒中といった成人病にもつながるので予防していかなければなりません。

普段から塩分の多い食事を摂っている人は、かなりの確立で高血圧になっています。

その結果、更年期障害が起こりやすい体質となってしまいますので、更年期障害の食事療法には「減塩」が欠かせません。

塩分の多い食品にはインスタント食品や肉類・魚介類の加工食品がありますし、また外食も味付けが濃く、

塩分が多いので控えたほうが良いでしょう。

1日に摂る塩分の量は10g以下になるように心がけましょう。

でも今まで濃い味付けをしていた人が急に減塩の食事療法を始めると、味気ない食事になってしまうため長続きしません。

薄味にする分、レモンや酢を上手く味付けに利用するように工夫してみたり、また、かけ醤油を使う場合は割り醤油といって、

醤油をだし汁で割ったものを食卓において使うようにするのも一つの方法です。

毎日の食事療法で更年期障害と成人病を予防していきましょう。


最新更年期障害情報へ

イワシやアジといった青魚が健康に良いことはよく知られています。

しかし青魚だけに限らず、いろいろな魚料理を毎日の更年期障害の食事療法に取り入れられることを是非おすすめしたいです。

魚は牛や豚などの肉に比べてカロリーも低く、脂肪分を摂り過ぎる心配がありません。

また魚の脂には、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)という成分が豊富に含まれており、

血液をサラサラにしてくれるので、血流の改善にも効果があります。

いろいろな魚の中でも、サケはEPAが豊富に含まれている上、サケ独特のピンク色の色素にも、

抗酸化物質が含まれているのでおすすめです。

カレイやヒラメ、タイなどの白身魚は、特別EPAやDHAが多いわけではありませんが、ヘルシーなので、

カロリーが気になる方には良いでしょう。

魚料理の中でもブリやハマチなどのあらを使ったお吸い物は、DHAが多いといわれる目玉の部分や、

汁に溶け出したEPAやDHAを残さず摂ることが出来るので効果的な料理だと思います。

仕上げにユズやネギ、ミツバなどを添えると一層美味しいと思います。

ぜひ更年期障害の食事療法に毎日魚料理を食べましょう。


最新更年期障害情報へ

更年期障害に限らず、毎日バランスの取れた食事を摂ることは大切なことです。

栄養バランスを考えると、昔ながらの日本食はとても優れた食事法ですが、中でもおみそ汁は毎日欠かかさず摂りたいものです。

おみそ汁の具の中でも特に更年期障害の食事療法に取り入れたいものに「しじみ」があります。

しじみは肝臓に良いといわれる食品として、特にお酒を飲む人は摂ったほうが良いとよくいわれています。

人間の肝臓には、代謝を活発にしたり、脂肪の消化を助ける胆液を作ったり、

体内の毒素を無害にしてくれたりといった重要な働きがあります。

しじみの中に含まれる、メチオニンやタウリン、たんぱく質のアミノ酸などの成分が、この肝臓の働きを助けてくれるのです。

また、カルシウムには、イライラした感情を抑える効果がありますが、しじみに含まれるカルシウムの量は、

あさりの40倍ともいわれています。

しじみのみそ汁を更年期の食事療法に是非取り入れて下さい。

ただし、塩分の摂りすぎにならないよう、薄味にして下さいね。


最新更年期障害情報へ

女性にとっても、また男性にとってもさまざまな辛い症状が出る更年期障害ですが、

その症状を日常生活の工夫で少しでも良くするために、更年期障害の食事療法を考えたいと思います。

更年期障害を上手に乗り切るための食生活に、オリーブオイル取り入れてみませんか?

オリーブオイルには、不飽和脂肪酸の中でも特に「一価不飽和脂肪酸」が多く含まれているため酸化されにくくなっています。

この一価不飽和脂肪酸には悪玉コレステロールを減らしてくれる働きがあり、更年期障害だけでなく、

動脈硬化やその他の成人病も予防してくれる働きがあります。

このためオリーブオイルをよく使う地中海地方では、動脈硬化が少なく、

心筋梗塞や脳血管障害の発生率がきわめて低いという報告もあるようです。

今まで使っていた食用油をオリーブオイルに代えるだけで手軽に出来る更年期障害の食事療法です。

ただし、オリーブオイルにも種類がたくさんあって、ランクが高いほど酸化しにくい安定した品質になっているようです。

選ぶならやはり「エクストラバージンオリーブオイル」がおすすめです。


最新更年期障害情報へ

日本でハーブといえば、香草や香辛料といった欧米産の植物をイメージしているようですが、

欧米では、天然薬物の原材料なる植物をハーブと総称しています。

このメディカルハーブは手軽に使えるサプリメントとして通販などでも販売されています。

その中で更年期障害の改善に役立つと思われるメディカルハーブの紹介をします。

更年期障害を改善するハーブのサプリメントには「イチョウ(ギンコ)」「ブラックコホシュ(アメリカショウマ)」などがあります。

イチョウは血液の流れを良くする循環器系の強壮剤です。

更年期障害の症状である肩こり、腰痛などに良い効果があり、酸素をカラダのすすみずみまで運んでくれるので、

血行が良くなり、関節炎などにも効果があるようです。

ブラックコホシュは女性生殖器系の調整作用を持つハーブです。

月経不順、月経痛、卵巣や子宮の痙攣の緩和、女性ホルモンのバランスを正常に保つ作用があうそうです。

自分の更年期障害の症状に合わせて、メディカルハーブのサプリメントを上手に取り入れてみて下さい。


最新更年期障害情報へ
更年期障害を予防したり、すでに起きている更年期障害の症状を改善するために、
更年期に摂りたいサプリメント「ビタミンE」について説明します。

更年期障害というのは男性の場合は男性ホルモンが、
女性の場合は女性ホルモンが低下するために起こります。

ビタミンEには男性ホルモンと女性ホルモン、
両方の分泌を促進する作用があるそうなので、
女性の更年期障害だけでなく、
男性の更年期障害にも効果があるサプリメントだといえます。

また、ビタミンEは、過酸化脂質を分解し、
血行をよくする作用もあるそうなので、
更年期障害の症状である、頭痛・肩こり・冷えなどの改善にも効果が期待できます。
更年期障害の予防・改善のために、
ビタミンEのサプリメントを取り入れてみましょう。

最新更年期障害情報へ
みなさんは緑茶などに含まれている旨味成分である「テアニン」をご存知でしょうか?

テアニンはアミノ酸の一種で、
更年期障害の症状を改善するといわれている栄養成分です。

テアニンには自律神経系の働きを促し、
脳の興奮をしずめたり、身体の緊張をやわらげるといった効果がありそうです。

このようなことから更年期障害の身体的諸症状を改善してくれる
サプリメントとして期待されています。

テアニンは1日に200mgを摂取するのが理想とされていますが、
これを緑茶で摂るためには1日に20杯も飲まなければいけない計算になります。

テアニンを手軽に摂るにはサプリメントが効果的です。

更年期障害の症状の改善に、テアニンはぜひ摂りたいサプリメントの一つです。

最新更年期障害情報へ

更年期障害の食物療法「大豆イソフラボン」

更年期障害といっても女性に限らず、
男性にも起こる可能性はあります。

この更年期障害を、毎日の食事で改善することが出来ると良いと思いませんか?

そこで更年期障害の改善に役立つ、簡単な食物療法を紹介します。


更年期障害に良い食べ物には大豆があります。
大豆には皆さんご存知の「大豆イソフラボン」という成分があります。

この大豆イソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」に似た構造と働きがあり、
更年期に不足する女性ホルモンを補ってくれます。

このようなことから、特に女性の更年期障害に効果的といえますが、
男性の予防にも効果はあるようです。

大豆イソフラボンを多く含む食品には、豆腐・みそ・きなこなど身近な食品がたくさんがあります。
更年期障害の食物療法に毎日大豆を取り入れたいですね。




最新更年期障害情報へ
コメントありがとう
SEO
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策