更年期障害

更年期障害.com:更年期障害を乗り越えようトップ
>更年期障害と漢方
スポンサードリンク

更年期障害と漢方カテゴリの記事一覧

  • 更年期障害の治療方法「ホルモン補充療法と漢方薬」
  • 漢方薬の注意点
  • 男性の更年期障害の漢方処方「気逆」の場合
  • 更年期障害による男性の性機能障害に用いられる漢方薬
  • 男性の更年期障害の漢方処方「気滞」の場合
  • 男性の更年期障害の漢方処方「気虚」の場合

更年期障害と漢方

更年期障害の人の治療法方として即効性があるとされているのが「ホルモン補充療法」です。

日常生活に支障をきたすような強い更年期障害の症状がある人には、
このホルモン補充療法での治療方法が向いているといえるでしょう。

しかし、この治療方法には、多少のリスクがあり、
人によっては更年期障害の症状の改善に効果が出ない場合もあるようです。

更年期障害の治療方法には「漢方薬」を使った治療方法というものもあります。
漢方薬は、体の状態や乱れたリズムを整え、正常な状態へと調節する働きがありますが
ホルモン補充療法のような即効性はありません。

しかし、ある程度の更年期障害の症状であれば、
漢方薬でゆっくり治療していくという方法もあります。

漢方薬は、ホルモン補充療法との併用もできるので、
併用してみるのもいかもしれません。

どのような治療方法が自分に合っているのかは、
担当の専門医にとよく相談して決めていかれたら良いと思います。

最新更年期障害情報へ
更年期障害になった場合、症状によっては漢方薬での治療が効果的となりますが、
その漢方薬を使った治療をする際の注意点についていくつか説明します。

漢方薬というものは基本的に身体に吸収され難いという特徴がありますので、
食事前の空腹時に飲むのが効果的なのだそうです。

しかし薬局で漢方薬を処方される場合、
食前・食後・食間といった服用方法が指導されると思いますので、
その場合はその指示に従った方が良いと思います。

また、漢方薬の中には、“葛根湯”など、「湯」の文字がついているものをよく見かけます。

「湯」の文字は、温かくしてして風味を感じながら飲むことが、
より効果的とされているので、
漢方薬の文字にも注意してみましょう。

漢方薬は自然のものなので、人それぞれで効果の現れ方に差があります。
そして漢方薬を服用するときは、医師や薬剤師の指導に従って続けていくことが大切です。

自己判断で勝手に途中でやめてしまっては効果は現れないでしょう。

以上のようなことに注意し、漢方薬での更年期障害の治療を効果的にして下さい。

最新更年期障害情報へ
男性更年期障害に処方される漢方について紹介します。

漢方では生体を支える根源的エネルギーを「気」といい、
男性更年期障害は、「気」が失調した状態ととらえ、
これを改善するための漢方薬を処方します。

男性更年期障害の症状に「気逆」というものがあります。
これは、本来頭のてっぺんから手足の先に向かって流れている気が逆流しているという、漢方独特の症状の捉え方です。

気逆の具体的な症状には、発作性の頭痛、気が動転しやすくなる、
また手足が冷えているのに頭がのぼせたり、
急に顔や上半身がカッと熱くなる「ホットフラッシュ」という症状があります。

このような男性更年期障害の症状がある場合には、
「桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)」、
「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」
などの漢方薬が処方されます。

どちらもカキの貝殻や化石を原料とするカルシウムが多い生薬が含まれており、
精神を鎮める作用があるそうです。


最新更年期障害情報へ
男性更年期障害の治療には漢方薬を使われることもあります。

男性更年期障害の症状により、適切な漢方薬を処方をすれば
高い有効性があるようです。

漢方処方の中でも男性特有の更年期障害の症状である
「勃起不全、勃起障害」の治療に用いられる漢方薬を紹介します。

「八味地黄丸(はちみじおうがん)」は、
下半身の脱力感や冷え、腰痛、上半身ののぼせと口渇感、耳鳴りや難聴、老人性の皮膚のかゆみ、糖尿病、白内障などに効果がある漢方薬です。

「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」は、
精神的な症状がある場合に用いられますが、
高血圧にともなう頭痛、頭重、肩こり、便秘、めまいなどの症状にも適応し、
動脈硬化症、円形脱毛症、小児の夜泣きの改善にもよいようです。

「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」は、
虚弱体質、体力消耗時、筋肉弛緩、手術後・病後・産後等、疲労・微熱・動悸などを伴う人の新陳代謝の改善、
免疫機能の増強に用い、胃を丈夫にしたり、肌質の改善や、男性避妊症にも効果があるようです。

最新更年期障害情報へ


男性の更年期障害に処方される漢方について紹介します。

漢方では、生体を支える根源的エネルギーのことを「気」といいます。

漢方では男性の更年期障害は、「気」が失調した状態ととらえ、
これを改善するための漢方薬を処方するようです。

気分が落ち込んで特に朝調子が悪い、
頭に何かが乗っているような重い感じがする、
のどや胸に何かつかえた感じがする、
おなかにガスがたまって張りやすい、
という症状を漢方では「気滞」といいます。

気滞とは気の流れが悪く、滞った状態という意味です。

男性の更年期障害でこのような症状がある場合には、
主に「香蘇散(こうそさん)」、
「大柴胡湯(だいさいことう)」などの漢方薬が処方されます。

これ以外にもシソやミカン、ダイダイなどの果実を原料とする、気の巡りを正常化させる効果的のある漢方薬もあるようで。




最新更年期障害情報へ


男性の更年期障害に処方される漢方について紹介します。

漢方では生体を支える根源的エネルギーのことを「気」といいます。

漢方では男性の更年期障害は、この「気」が失調した状態ととらえ、
これを改善するための漢方薬を処方するようです。

気が失調した状態には、「気虚」「気滞」「気逆」の三つがあります。

まず「気虚」の場合の漢方処方について紹介します。

「気虚」というのは気の量が不足した状態で、
だるくて疲れやすい、気力が低下する、食後に眠くなる、
などが特徴的な症状で、

主に「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」、
「八味地黄丸(はちみじおうがん)」などが処方されます。

これらの漢方薬は胃腸の働きや新陳代謝を高めて、ストレスに強い体を作る効果があるそうです。



最新更年期障害情報へ
コメントありがとう
SEO
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO対策